革製品の天敵はなんといってもカビ!
せっかく買った高級品も、あっという間にゴミです。
水虫の原因はカビだって知ってました?
コウジカビや青カビと白癬菌は違いますが、どちらにしても靴にカビが生えたということは、水虫の原因菌がいるかも!?と疑った方が良さそうです。

最近は革を丸洗いできる革用シャンプーも売っていますね。
カビにもいろいろ種類がありますが、コウジカビのように比較的表面に付着するだけのカビは、実は濡れ雑巾で拭くだけでも取れてしまいます。

ところが!

いったん革に生えたカビというのは、表面はキレイになっても、繊維の奥深くに浸透して、虎視眈々と次の機会を伺っております。
市販のシャンプーやクレンジングなどで拭きとった場合、1年後にカビが再発する確率は、体感上50%を超えています!
もちろん、保管の仕方云々もあるのですが、一番は根本を絶たないとカビは死滅しない、ということなんです。

青カビB

ここまでヒドイ状態になると、洗っただけでも取れますが、カビ臭は残ります。つまり、カビの根本は断ってないんですね。

青カビA

オゾン水+オゾンガスで完全にカビ菌とニオイを絶った上、再発防止のためにMB-1を噴霧しました。
これは1年前の写真です。

青カビ1年後

1年後もこの通り。ブーツなので夏場は靴箱に入れっぱなしでしたが、まったく再発しません。

カビだけならMB-1でも取り除くことができます。

MB-1は少しお高いですが、業務用なので、効力がとても強い防カビ剤です。

理論上、100%カビの再発を抑えることができます。

実際は保管環境なんかにも多少の影響を受けるので、100%とは言い切れませんが、かなりの確率でカビからブーツを守ってくれます。
革が変質したり、漂白したり、色流れしたりすることもありません。

さらに、人体に非常に安全な成分でできています。

とても万能で優秀な防カビ剤です。

価格はちょっと高いけど、大切な靴やカバンをカビから守ってくれるからお得だと思います。

ぜひ使ってみてくださいね。