せっかく高いお金を出して買ったお気に入りの革靴。ご自宅に、履きつぶしてキズだらけになっているものはありませんか?

例えば、こんなシューズ。

トリッペンつま先B
トリッペンかかとB

これを殺菌、消臭効果の高いオゾン水で丸洗いして、キズを直したのがこちら。

トリッペンつま先A
トリッペンかかとA

これならまた、新品気分で履けますね♪

ところで、このカラーリペア。

今はどこの「クツクリーニング」でもやってます。
ところが、代替はみんな高額&時間がかかる…。。

そもそも、ブランドケアでこの技術を開発したのは、そういう不満、不便にお応えするためだったんです。

リペアの相場は高いところで1足¥8,000くらい。
安いところでも¥5,000以上はすると思います。

ブランドケアはフランチャイズではないので、お店によって値段は変わりますが、だいたい¥4,500位ですね。
セールやクーポンを発行して、実質もっと安いお店もあります。

実は、ブランドケア技術の一番の特長は、たくさん数をこなせることなんです。
他社技術の場合、一人1足30分〜1時間もかけて、クリーニング&リペアしています。
だから、どうしても最低¥5,000以上はいただかないと合わないんですね。

ブランドケアの技術は、およそ半分から3分の2(20〜30分)でどんどん処理できます。
これは、洗浄力、殺菌・消臭力の高いオゾン水で洗浄時間を短縮していることがひとつ。
2013年に新しく開発した高圧オゾン水洗浄で、どんな商品でも安全に手早く洗浄できるようになりました。

ネックは仕上げ時間ですが、ブランドケア技術での仕上げ時間は、他社技術の半分以下で済みます。
これは、色合わせが簡単で、乾燥が早く、かつ素材の風合いを変えない、画期的な顔料(レザーインク)のおかげなんです。
色を入れて、軽くブラッシングするだけで、とても自然な仕上がり。

トリッペンつま先A

これです。

この基礎技術のおかげで、他社よりも優秀なサービスが他社よりも安く、ご提供できるんです。
あくまでも”安さ”ではなく、”品質”が売りです。スチームによる表面洗浄とか、ただ拭くだけではなく、ちゃんとマジメに丸洗いをしているお店の中では、きっと安い方です。

ぜひ、お近くのショップでお試しください。